鳩が嫌がる環境を作る!誰にでもできる簡単鳩対策

鳩対策に効果的なアイテム!防鳥ネットを張ろう

ネット以外でも色々な対策方法がある~鳩を寄せ付けない~

鳩対策には、防鳥ネットの張り付け以外にも様々な方法があります。いくつかピックアップするので、それぞれの特徴や手軽さなどをチェックしてみましょう。

鳩対策をする際に心得とく3つの事

鳩の糞が落ちてない状況を作る
鳩が行なう安全確認の方法の1つに、その場所に鳩の糞があるかどうかチェックするという行為があります。糞があり、「ここは安全だ」と思われると、その周辺に巣作りをされてしまう可能性があります。逆に言えば、糞を徹底的に除去すれば、彼らに「ここは安全な場所ではない」と思わせられるということです。また、糞が引き起す糞害からも回避することができます。
寄せ付けない
鳩は、巣を作る前にその場所を見渡せるところに一度止まるという習性を持っています。つまり、鳩が巣を作りそうな場所があれば、そこを見渡せるところに止まらせないようにすれば良いのです。それには防鳥ネットや鳩除け用のスパイクなどが効果的です。
鳩の居心地を悪くさせる
鳩に限ったことではありませんが、鳩は居心地の悪い場所には居たがりません。そこを利用した鳩対策が、忌避剤の設置です。ただ設置するだけで鳩を近づけなくさせる効果があります。また鳩は頭に磁石があるとされているので、鳩が近づく場所に強力な磁石を起き、頭の磁石を狂わせ居心地を悪くさせるという方法もあります。

鳩に寄せ付けない忌避剤

鳩対策に効果的なアイテムである忌避剤には、いくつかの種類があります。手がかからないのは固形タイプやジェルタイプです。固形タイプはクローゼットに吊るす消臭剤のような感じの形状で、周辺1.5m四方に約1ヶ月間効果を与えてくれます。ジェルタイプは鳩が近づく場所に塗って使う仕様となっており、こちらは1年~1年半というかなり長い持続効果があります。使い勝手が良いのはスプレータイプの忌避剤です。効果は3~4時間とかなり短めですが、鳩が好みそうな場所に手軽に吹きかけて鳩を近づけなくさせることができます。毎日続けていれば、次第に鳩も近づかなくなるでしょう。状況や普段の生活の流れなどに応じて、最適な忌避剤を選びましょう。

TOPボタン